« »

しっかりと休んだはずなのに、なかなか疲れがとれない。
身体だるい、重い、いまいちスッキリしない。

そんな経験はありませんか?

 

実は、その症状は「慢性疲労症候群」の可能性があります。
慢性的に、疲労感や体の痛みが続く病気のことをいいます。

2adecf8fbb0cd19d05356ad3d9e8c44b_s

その症状は例えば
・すぐに疲れて、疲れがとれない
・微熱が続く
・頭痛がある
・寒気や悪寒がする
・リンパ節が痛む
・脱力感がある
・睡眠障害がある
・集中力が続かない

など様々です。

 

そういった症状の原因に挙げられるのが「冷え性」「栄養不足」から起こる下記症状です。
・基礎代謝の低下
・血行不良、細胞不活性化
・老廃物が溜まりやすい
・胃腸の動きが悪くなる

疲労感を改善するために必要なのは、「食事」と「生活習慣」です。
下記にオススメする方法を続ければ、冷えや疲労感への良い対策となります。

 

疲れた時のオススメ食材

肉類 豚肉、鶏肉
魚類 青魚(さんま、あじ、さば等)
野菜 トマト、大根
果物 ブルーベリー、柑橘類

45ebbdf8a0296bd9e8f4b0102514d45c_s

 

 

冷えにおすすめの食材

肉類 豚肉、羊肉、鶏肉
魚類 赤魚、白身魚
野菜 山芋、ゴボウ、ニラ、カボチャ
果物 りんご、プルーン、ドライフルーツ、栗

ce40cfb4d1a609a95be2bed49f675678_s

 

冷えや疲れに対して、食事以外の対策

定期的な運動、ストレッチやマッサージによる基礎代謝の向上。
入浴。シャワー時は肩甲骨の間に少し集めのお湯を当てる。
腸内環境を整える。腸で栄養は吸収されます。

 

食事や運動など、様々なアプローチで冷えを改善していけば疲労感も改善されます。
ファイブリッチフィットネススタジオでは、様々な観点からの健康管理、維持をサポートできます。

お悩みの症状があれば、気兼ねなくご相談下さい。