5RICHの5大効果

近年、女性をはじめ、子どもや男性にも低体温の人が増えていると言われています。

低体温は労働や学習意欲の低下やさまざまな体の不調を招く原因にもなります。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
低体温とは?
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

日本人の平熱は36~37℃程度ですが、一般的に低体温とは、平熱が35℃台やそれ以下の状態をいいます。
36~37℃という体温は、体内の酵素が最も活性化され、細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高い状態を保つことができる温度です。しかし、体温が1℃下がるだけで、酵素の働きや、免疫力、基礎代謝が低下し、体にさまざまな悪影響が及ぼされます。

<低体温の体への影響>
・免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなる
・基礎代謝が低下し、太りやすくなる
・新陳代謝が悪いため肌がくすみやすくなる
・酵素の働きが低下し、栄養素の吸収が悪くなる
・体内でブドウ糖をエネルギーに変える働きがスムーズにできず、疲れやすくなる

その他にも、肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、不眠などの不快な症状が現れる場合もあります。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
低体温を招く原因
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

低体温の原因は、普段の食生活や生活習慣にあると考えられます。

・朝食抜き、過剰なダイエットなど乱れた食習慣
・冷たい物や甘い物の食べすぎ
・冷暖房完備の生活
・シャワーだけの入浴
・運動不足による筋力低下
・過度のストレスによる自律神経やホルモンのアンバランス
・夜型生活


☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
低体温改善のポイント
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

●積極的に運動を行い、筋肉量を増やす
ウォーキングやスクワットなどで筋肉量の多い下半身の筋肉を鍛えることで基礎代謝が高くなり、体温も上がりやすくなります。

●体を温める物を食べる
唐辛子や山椒、生姜、カモミールやサフランなどのハーブなど、体を温める食材や温かい鍋・汁料理を食べるようにしましょう。

●ストレスとうまく付き合う
ストレスは体温を調節する自律神経に影響します。

●お風呂にゆっくり浸かる
入浴には、一日の疲れをとり、自律神経を整える働きがあります。ぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにしましょう。

冷えは万病の元とも言われます。平熱が低めの人は、食生活や生活習慣を見直して、早めに改善するようにしましょう。