5RICHの5大効果

知らず知らずのうちについつい陥りがちなIT眼症。
その予防法を知っておきましょう。

・画面から目を50センチ以上離す
・長時間の使用を避ける(連続使用は30~1時間程度)
・定期的に遠くを見るなど目を休ませる
・画面の明るさを暗くしたり、背景の色を刺激の少
ない黒に変更したりする
・ブルーライトをカットするメガネを利用する
・寝る前は使用しない

スマートフォンやパソコンなどのIT機器は、うまく
付き合いながら上手に利用したいものですね。

 

<眼精疲労の予防・改善に役立つ栄養素>

目に良い栄養素を積極的に取って、IT眼症を予防しましょう。


<ビタミンA>
目の粘膜を保護し、網膜を健康に保つ。
(うなぎ、にんじん、ほうれん草 など)


<ビタミンB1>
視神経の働きを促進する。
(豚肉、うなぎ、玄米 など)


<ビタミンB2、B12>
細胞の再生を促進し、粘膜を
保護する作用があり、目の充血を防いで疲れを回復させる。
(レバー、卵、納豆、乳製品 など)


<ビタミンC>
コラーゲン合成に働き、毛細血管を強くする。
(レモン、ゆず、イチゴ など)


<DHA>
網膜の働きを高め、視力改善に役立つ。
(イワシ、サバ、サンマ など)


<ルテイン>
目の網膜に存在し、紫外線やブルーライトから目を保護する。
(ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃ など)